PEN-EE2

2007年3月 2日 (金)

直った!

故障中のPEN-EE2が(ちょっとだけ)直りました!
といっても、絞り羽が動くようになっただけですが。
セレン部分を外して、絞りを動かすピンをチョコチョコやったら何とか動くようになりました。
ただ、シャッター部を分解してベンジン付けした訳ではないので、いつ動かなくなるかは不明(笑)。
構造はシンプルってのはネットに出回ってるんですが、私はチョー不器用な人間。
なので、実は上記作業は会社の先輩にやっていただきました(爆)。
サンキュー!

アスファルトと空とアスファルトと空と
・PEN-EE2:SUPER 100:自家現像

組み写真は難しいなぁ。ってただ単に分割してスキャンするのが邪魔くさかっただけ、ってのはナイショ。

PEN People
オリンパスぴーぽー
銀塩コンパクトカメラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

F22,SS1/30,ISO100

晴れの日ならこの条件でも使えますね。

修理・オーバーホールに3,000~10,000円ってとこのようです。
う~ん。
絞りさえ動けば、ね。

裏道から見上げた空裏道から見上げた空
・PEN-EE2:SUPER 100:自家現像

PEN People

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

見ちゃった

手に入れたPEN-EE2は失敗だったんですが、なんだか諦めきれないのでその後もオークションなどをチェックしてたんですが、高いですねぇ。
EEシリーズでも1万円以上。
DやSシリーズだともっと高くて2万円くらいするようですねぇ。
さすがにPENにそんなお金出せないなぁ。
別にハーフサイズにこだわっているわけではないので、トリップ35も見てみたんですが、これでも下手すると1万弱。
う~ん、どうだかなぁ。

なんて思いながら近所の中古カメラ店を覘いてたんです。
NewFM2も5万前後かぁ、とか、PEN-Fもレンズ付きとはいえ同じくらいの値段かぁ、とか思いながら店内を物色してたんですが、ふと見るとMINOLTAのαのコーナーに。
α-7はやっぱ高くて手が出ないなぁ、なんて思いながら見てたんですが、なななんと、良く見るとα-707siだったら1万~1万5千円ぐらいであるじゃないですか(笑)。
一応中級機だよねぇ、と思いながらいったん帰宅。
んでネットで調べてみると確かに中級機。
元来私は「写真機愛好家」ではないつもり(お金が無いだけだが)なので、銀塩のボディなんて「レンズ」と「フィルム」を結びつけるために有るもの、なんて思っているのでファミリー向けのαSweetSでも良かったんですが、さすがにもうちょっとAF精度とスピードがあって、ファインダーも見やすくて、シャッター音もいいのが欲しいなぁ、なんて思ってたトコだったんですよ!
う~ん、PENのDやS、もしかしたらEEより安く手に入るのかぁ、、、。
見なきゃ良かった、かな?(笑)

外灯と樹外灯と樹
・PEN-EE2:PAN 400:自家現像

PEN People

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

うだうだ

今年は正月からなんだかうだうだ。
胃の調子がイマイチだったからか(例年に比べそんなに食べてない)、もう一つ出かける気にならない日々。
初詣で撮った写真の現像はいつになるやら、、、。
賞味期限が切れるなぁ(笑)。

ところで、先日手に入れたPEN-EE2。
手に入れた当初も困ったチャンでしたが、なかなか手ごわい困ったチャンですな。
以前は「赤べろ」が出っぱなしだったんですが、今度は全然「赤べろ」が出てこず。
レンズキャップしたままでもシャッターが切れる始末(笑)。
おまけに絞りがどうも動いていない様子。
F22で1/30または1/250固定のカメラって、、、使えないなぁorz。
今時の写るんですでももうちょっとマシ、かな?

と言うことで、露出計不良と絞り不良。
どうするか考え中。露出計はいいけど、絞りが動かないのはねぇ。
修理って出来ますか?
いくら掛かりますか?

水の出てない噴水水の出てない噴水
・PEN-EE2:PAN 400:自家現像

PEN People

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

例のブツ

さて、先日思わせぶりなエントリーを書いたブツですが、、、。
コイツです。

PEN-EE2PEN-EE2

正直、落札できるとは思っても見なかったんですが、、、。
しかしコイツはなかなかの困ったチャンでしたorz。

PEN-EE2は基本的に「押せば写る」、焦点距離固定で1/30または1/250のシャッタースピード(1/40との噂もあり)で絞りはプログラムオート。
露出不足のときは「赤べろ」の警告が出てシャッターが切れない機構になっています。
ただ、ウラ技(?)で「Flash」の位置で絞りを自分で操作できます。このときのシャッタースピードは1/30固定。

さてやってきた当日、会社に余っていた3年半期限が切れたフィルム(これがまた失敗)を詰めて、さぁ撮影ってシャッターを切ったんですが、例の「赤べろ」でシャッターが切れず。
まぁ、夜間の室内だったので、光量不足なんだろうと(ISO400だったんだが)気にも留めなかったんです。
が、次の日、晴天下で写そうと、シャッターを切ろうとしてもまたしても「赤べろ」。
やられました。
シャッタースピード1/30固定で、後は絞り操作で露出をあわせねばなりません。
トホホ。

さすがに期限が3年半過ぎているフィルムはダメだね。

伸びる影伸びる影
・PEN-EE2:SUPER GOLD 400:自家現像

PEN People

| | コメント (5) | トラックバック (0)