APS

2009年11月18日 (水)

とうとう大台に

今日でとうとう1000エントリー目となります。
よく続いたなぁ、と言うか、1000枚も恥をさらしているのかもしれないなぁ(笑)。

まずは初心に戻って。

ハイデルベルグハイデルベルグ
・EPION 400Z

銀塩コンパクトカメラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

もう寝不足

W杯開幕ですね。
もうすでに寝不足です。
って昨日はTVを見た訳ではありませんが。
ちょっと体調不良気味で寝不足です。
でも今日(もう昨日か)はイングランドの試合は生で見ました。
イングランドは、追加点が欲しかったですね。

と言うことで、なんとなくドイツの写真を。

ドイツのどこかドイツのどこか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

早速値上げ!

早速値上げかよorz
銀塩派最後の砦?の富士フイルムがフィルム等の値上げを2月1日から実施するそうです。
本日ヨドバシカメラで聞きましたが、白黒フィルムに至っては約20%程度値上げされるそうです!

実は最近になって初めて白黒フィルムを使ってみたんですが、今のご時世白黒フィルムなんてものはカラーリバーサルに次いでマニアな存在なのか、フィルムは高い!
現像代自体は(ヨドバシでは)少しだけ安いです。

ただ、カラーの現像だけなら品質は知りませんが、ダイソーで現像のみすれば105円で済む(使ったことはまだないです)のでトータルだとカラーのほうが安い!

う~んどうしましょ。
やはり白黒でコストを抑えようと思ったら、100ft物を自分でパトローネに詰めて自家現像するのが一番ランニングコストは安くつきますね。
ただ、初期コストはそれなりに掛かるので、根性を入れて撮り捲る決意がないと結局高くつきますが。
36枚撮り換算で40~50本ぐらいが目安かな?
でもLPLのフィルムローダーが10,000円は高いよね。

う~ん、自家現像
どうしようかな~。
環境問題もあるしね。

ドイツのどこかドイツのどこか

追記
去年の末に値上げは発表されていたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

私とカメラ3

初めてのカメラ「エピオン400Z」は、結局3年くらい使いました。
しかしやっぱり長く使っていると気になって来ることがありまし。

先ずはやはりAPSの「画質の悪さ」。
フィルム面積が小さい分、L版でも画質の悪さが気になるようになってしまいました。
今思うとただ単に「プリント」の品質に問題があったのかもわかりません。
なんせ格安プリントの所に出していたので。

次がフィルムの種類の少なさ=価格の割高さ。
35mmフィルムに比べるとやっぱり割高ですね。
今でも35mmだと格安1本100円ってのがありますから。

そして現像代も高い!
インデックスプリントが付いてくるとは言え、これまた35mmに比べるとかなり高かったですね。
今でこそローソンだと同時プリント700円で済みますが、5年位前だともっと高かったと思います。

と言うことで、妻帯者の身としては家計に厳しく、画質もイマイチのAPSを使い続けることが苦痛になってきて、それならいっそフィルム・現像の価格も安く、画質が良い(ハズ)の35mm一眼レフカメラを何とかして欲しい!
と思ってほとんど知識も無く、ほとんど勢いで買ってしまったのが先日いきなり撤退が決まった(当時)ミノルタのαSweet Sと言う、ファミリー向け入門用の一眼レフカメラでした。

これはAPSで撮った写真。

スイスの風景スイスの風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

私とカメラ2

写真は、シャッターを半押ししてフォーカスロックさえすればちゃんと映るんだ、ぐらいの知識しかなくて買ったAPSコンパクトカメラの「エピオン400Z」。
初めての海外旅行を、初めてのMyカメラで写しまくりました。
でも、やっぱり失敗でしたね。

購入した当時、APSシステムの将来性について危惧する記事も読んだことがあったんです。
フィルムに関しては、35mmフォーマット以外が普及して生き残ったものは無いと。
子供の頃家にあったカメラは、ポケットカメラと言われた、110カメラでした。
さすがにこちらは大流行したので、辛うじてフィルムは大手カメラ量販店などに行けば手に入りますが、私が中学生の頃にはやって、修学旅行でたくさんの友達が持ってきていたDiskカメラ。(確かそんな名前)
どこ行っちゃったんでしょうね。

で、APSですが、こちらはそのとき大流行していた「写ルンです」に代表されるレンズ付きフィルムに採用されるので、廃れることはないだろうとも一応言われていたので、「まぁ大丈夫だろう」って事で決意して購入しました。
でもその後のカメラの歴史は・・・。
もう皆さんもご存知の通りです。
まさかあんなオモチャのデジカメがこんなに普及するとはね。

今見ると写りはそんなに悪いわけでもないような・・・

ライン川の畔でライン川の畔で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

私とカメラ1

私が初めて自分でカメラを購入したのは1997年で、仕事の関係でクライアントと共に、「海外研修」と言う名のただの海外観光旅行のツアーに連れて行ってもらえることとなり、それじゃぁせっかくだからって言うのがきっかけでした。

もちろん何の知識も無く、当然の成り行きとしてコンパクトカメラを買うことにしたんですが、ちょうどその頃は運の悪い(?)ことに、新写真システムとしてAPSが大々的にプロモーションされていた時期で、まぁこれからはこれが普及するのかなぁ?と半ば不安に思いながら買ったのが富士フイルムの「エピオン400Z」と言う機種。
当時のシリーズとしては上位機種であり、結構な金額で買った記憶があります。

で、40枚撮りのフィルムを10本携えて、初めての海外旅行で写真を取り捲りました。

そのときの一枚。

スイスのどこかスイスのどこか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

Prologue

皆さんはじめまして。
最近写真にはまっている、しかし初心者のFly2theMoonと申します。
別のところでもいくつかBlogをやっていたのですが、最近流行のPhoto-Blog専用にこのBlogを立ち上げました。
大した写真はありませんが、これからがんばって撮って行きたいとと思います。
よろしくお願いします。

初めて自分で買ったカメラで写した写真

ドイツのどこかドイツのどこか

| | コメント (0) | トラックバック (0)